クレカ ショッピングリボ 債務整理

クレジットカード(リボ払い)の便利さに失敗

クレジットカード(リボ払い)の便利さに失敗

クレジットカードをリボで遣い過ぎて失敗した方向けのサイトです。リボ払いとの正しい向き合い方など。

クレカのショッピングリボ 整理方法

クレジットカードのショッピングリボも債務整理できるのでしょうか?

結論からお伝えすると、任意整理、個人再生、自己破産、いずれも条件を満たせば可能ですね。

しかし利息の払い過ぎはないでしょう。

クレカのキャッシングや消費者金融を長年返済していれば、もしかしたら払い過ぎがあるかもしれません。

・10万円未満 年20%
・10万円以上~100万円未満 年18%
・100万円以上 年15%

と法律で利息が決められていますが、かつては年29.2%の利息を取っている貸金業者もありました。

その時代から返済を続けていれば、借金減額や過払いの可能性もありますが、クレカのショッピングに関しては、利息の払い過ぎはないですね。

「それなら、債務整理するメリットって薄いのでは?」と思われるかもしれません。

しかし債務整理は過払い金に限りません。

・任意整理でクレジットカード会社と交渉して利息カット
・個人再生で元本の大幅な減額(原則5分の1)
・自己破産で債務を免除(借金を帳消し)

という方法があるんですよね。

それぞれ利用条件がありますし、ショッピングの利用額が10万円、20万円なら、借金整理をしなくても復活できると思います。

しかし金額が150万円、200万円と重なっていれば、一度弁護士や司法書士に相談して下さい。

一般的に任意整理は借金200万まで、それを超えれば個人再生や自己破産と言われています。

あくまでも目安ですし、法律事務所の判断によっても変わります。

それでも、クレカショッピングに加えて、クレカキャッシング、銀行カードローン、消費者金融など複数の借入があり、返済に行き詰まっていれば…債務整理を考えるタイミングかもしれません。

「今月の返済ができない」

「来月はお金を用意できない」

など滞納目前だったり、すでに借金滞納していれば、急いで法律家に相談すると良いですね。

ショッピングリボを利用するケース

キャッシングは借金の意識があっても、ショッピングは意識が薄いまま、リボで遣い過ぎる傾向があります。

仕事のストレスでブランド物の洋服やカバン、アクセサリーを衝動買いする女性もいますし、ネットショッピングの通販を利用しすぎる方もいますね。

男性がショッピングを利用する機会で多いのは「会社の付き合いによる飲み代」と「女性への貢ぎ物」でしょうか。

手持ちのお金がなくても、見栄を張るのが男性ですから、つい後先を考えずにクレジットカードを利用するのかもしれませんね。

その結果、返済に困ることがありますが、あきらめずに解決の方法を考えて下さい。

借金を返すために借金を重ねても、結果的にさらに状況は悪化しますからね。

法律の専門家への相談を第一に考えると良いでしょう。